背景の簡単な描き方 ~略画法~

自分のアイデアや、イメージを、

簡単に描けるような描き方があると便利です。

今日は、背景を簡単に描く略画法を何点かご紹介しましょう。

略画法は、頭であれこれ考えるより、

感覚で覚えてしまったほうが早いので、早速見ていきましょう。

①地面

地面

 

こんな感じで、地面の割れや、小石を、適当に描いてあげると、

地面の質感を表現できます。

草の地面

 

また、このように草を生やすと、草の生えた地面を表現できます。

②山

山

 

山は、山っぽく三角形を描いて、真ん中にそれっぽい線を引っ張って、

片側に影をつけたら簡単に描けます。

上がちょっとギザギザした山、下が丸っこい山です。

③木

木

 

木も、こんな感じで、描いてみてください。

特に論理的なことを覚えるよりも、

これも感覚で木っぽく描いてしまったほうが、

早く描けるようになります。

③雲

雲

 

 

フワフワッと曲線を使って描いてみましょう。

④森

森

遠くにある森は、適当に縦線を重ねるだけで表現できます。

⑤丘

丘

 

丘は、こんな感じで、ちょっと小高いところを線一本描いて表現すれば、

丘になります。



SPONSORED LINK



⑤池

水

 

池はちょっと複雑なので解説します。

といっても全然難しくないです。

 

まず、池のキワを描きます。

水1

 

 

まだ池の水は入ってない状態です。

次に、池の映り込みを描きます。

縦に線を引っ張るだけです。こんな感じで。

水2

 

ちょっと池っぽくなりましたね。

そしたら最後に横に線を引っ張って、水面を表現します。

水3

 

はい! これで完成です。

簡単でしょ????(あれ、どこかで聞いたような気が、、、。

 

それから略画法でも、簡単に色を付けると、

結構素敵になるので、簡単に色を付けてみるのも面白いです。

asobi

色々楽しみながら試してみてください。

背景の描き方の参考になる書籍

デジタル作画法 アニメで見た空と雲のある風景の描き方
Bamboo
ナツメ社
売り上げランキング: 1,422
記事が気に入りましたらシェアお願い致します!



 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter



Twitterでも小さいお絵描き講座をやっています。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る