絵を描くのに必要な体を造る! ~絵を描くことも健康から!~

a1180_009194

絵を描くにあたり、”体”というものを軽視していないだろうか?

当然だが、絵を描くことも、体を使う。

なので”健康である”ということも実に重要なのである。

健康でないと、頭は働かず、いいアイデアも出てこない。

絵をずっとかいていて、「あれ? なんか頭が回らなくなってきたな。」

という経験をしたことのある人も結構多いはず。

なので、

今回は、絵を描くことにおいて、健康であるために必要なことを、

まとめてみた。

睡眠時間をしっかりと取る。

a1620_000084

 

なぜかは良くわからないが、

絵を描く人は、徹夜を良くする。

そして、朝方に寝て、昼過ぎに起きるという生活リズムの人があまりにも多い。

そして、睡眠時間も長くない。

これはハッキリ言って、良くない!

やはり、睡眠時間は、しっかりと取らないと、頭は回らないし、

しかも、昼過ぎに起きるのは、やる気がなくなって、鬱の原因にもなりかねない。

夜更かしはしないで、朝早く起きることを進める。

騙されたと思って、一回やってみると、

すごくすっきりとした目覚めを実感できるはずである。

しかも、朝方の日差しがものすごく気持ちよくて、やる気もわいてくるのだ。

睡眠時間は、だいたい7~8時間とるといい。

 

一日一回は外に出る。

a0002_011492

 

これも、絵を描く人に多いのだが、

一日中部屋に引きこもっている人があまりにも多い!

いや多すぎる!

人間は所詮ただの動物に過ぎないのだ。

外の空気と太陽の光なしには健康には過ごせないのである。

一日中外に出ないのと、しっかりと外に出るのとでは、

体の調子がまるで違うし、やる気も違う。

意識的に外に出てみよう。

絵の発想だって、外の景色から出ることもあるのだ。

一日一時間は散歩をすることをススメル!

激しくススメル!!

 

適度に体を動かす

a1180_010197

 

適度に体を動かしているかを今一度確認してみてほしい。

「体を動かすの疲れるから、、、。」

いや! それは違う!

適度に体を動かすことは、逆に疲れを取り、体を健康にするのだ。

一日中部屋でゴロゴロしているより、

ちょっと散歩でも行って、体を動かしたほうが、

体の調子が良かった経験はないだろうか?

そういう経験がある人はいるはずであるし、

そんな経験がないという人は、是非体験してみてほしい。

寝る前にちょっとストレッチをするだけでも全然違う。

 

まとめ

振りかえってみると、当たり前のことしか言っていないのだが、

絵を描く人は、健康面をおろそかにしている人が多すぎるのである!

それは頭も回らないし、何より体に良くない。

”絵と体は一体なのである。”

今一度、自分の健康面を見直してみよう。

当然、絵も変わってくるはずである。

 

Aamazonで星4つ以上のおすすめ商品

昨日の疲れが抜けなくなった時の解決策を、優しく示してくれます。

日常の中で無理なくできるところが良いです。メンタルの面からも

触れていて、心が疲れている人にもオススメの一冊。

疲れた体の背中を優しく押してくれる、そんな感じの本です。

特に、疲れているけど、その原因がわからない人などは、

どうして疲れているのか? そして、どういった状況が疲れているというのか?

ということまで、理解させてくれます。

かなりオススメ!

 

記事が気に入りましたらシェアお願い致します!



 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter



Twitterでも小さいお絵描き講座をやっています。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る