金属の描き方 ~ちょっとリアルなモンスターボールのイラストを描いてみよう~

※画像はすべてオンマウスで明るくなります!  見にくい時は明るくしてみよう! monster38

今日は、金属の表現を、 ちょっぴりリアルなモンスターボールのイラストを 描く過程をみて、研究してみよう。 金属を描くポイントが出てきたら、 その都度ピックアップする。 なお、ツールはsaiを使用しているが、なんでもいい。 もちろんアナログでもよい。

モンスターボールの形をザックリとる。

まずはザックリと形をとってゆく。

1.

monster1

2.

monster2

3.

monster4

図のように、大きい形からとってゆくと楽だ。



SPONSORED LINK



 上半分の赤い部分を描きこんでゆく。

まずはザックリと影を描く。 影の色は、暗めのものを使っておこう。 金属の質感を描くポイントの一つに、明度の差を大きく描く というのがあるのだ。 なので、影のは色は暗めにしよう。 ちなみにここでは、光は上から入ってきている設定になっている。 monster5

monster6

そして次に境界線をぼかす。

次に明るい部分の色を置こう。 ポイントは、

彩度が高く、あまりパステル調にならない色を、 置くことである。

図のような感じの色である。

monster7

そして少しぼかす。

monster8

そしたらハイライトを置いてみよう。 これはウンと明度の高い色をおいてみよう。 monster9

そしたら、このハイライトをボカスと、 monster10

少し金属っぽくなってきた。このように、 強いハイライトを入れるのも、金属を描くポイントだ。

また、 金属は色の段階のグラデーションが、すごく短いのが特徴である。

つまり、緩やかな明度差ではなく、急激な明度差が付いているのだ。

ハイライトも当然そうなっている。

では次に、周りからくる環境光を入れてみよう。

環境光とは、一番主要な光とは別に入ってくる、弱い光のことである。

ものの反射による光(反射光)等がこれにあたる。

先ほどは彩度の高い色を使うのがポイントだったが、

環境光に限っては、ちょっとパステル調の鈍い色を使うのがコツだ。

アウトライン付近に入れてあげよう。

monster11

そしてこちらもぼかす。

monster12

ここで、僕は影の分部にもう少し暗い色が欲しいと思ったので、

少しくらい影色を追加した。明度差を強くつけるためである。 monster13

ぼかす。

monster14

これでいったん上半分は終わりである。

次のページへ

ページ:

1

2
記事が気に入りましたらシェアお願い致します!



 

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2015年 1月 18日


    なんかモンスターボールおかしいよな

      • opa-ma2
      • 2015年 1月 19日


      そうなんです。パースが結構狂ってます。ごめんなさい。

    • 匿名
    • 2015年 2月 08日


    ボタンが向きの割に丸過ぎだろ。
    教えるなら全部徹底的に教えてください。

      • opa-ma2
      • 2015年 2月 09日


      すいませんでした。そこまで意識が行き届いていませんでした。

    • さは
    • 2015年 2月 26日


    ド素人の私は非常に為になりました。有り難う。

      • opa-ma2
      • 2015年 2月 26日


      ありがとうございます!

    • 匿名
    • 2015年 3月 20日


    映画のオープニングのモンボが頭に浮かびました。参考になりました!

      • opa-ma2
      • 2015年 3月 25日


      ありがとうございます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter



Twitterでも小さいお絵描き講座をやっています。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る