陰影の付け方〜反射光をイラストに活かそう!!〜

反射光とは何か??

反射光という言葉を、イラストを描く人なら、

耳にしたことがある人は多いはずです。

今一度整理してみましょう。

反射光,イラスト

 

青い床の上に球体があります。

当然、上のように描いても絵として成り立つんですが、

今回は反射光の考え方を取り入れてみましょう。

反射光とは、文字どおり、反射する光のことです。

青い床に当たった光は、青い光となって、球体を少し照らします。

当然、反射している光なので、それほど強い光ではありません。

しかし影響はでるのです。

反射光が入ると、、、

反射光2

このように、球体を照らし、球体を少し青みがかった感じで照らします。

なんとなく、画面に一体感がでますよね。

反射光は、

ものとものとが同じ空間にあるような一体感を生み出す働きがあるんです。

これは反射光の強みです。

当然、赤い床ならば、赤い色になります。

 

反射光,イラスト

もちろん、反射光は、絶対に取り入れろ!!!!

ってものではなくて、

あるとちょっとよくなるよ!!??? ってな感じのものです。

なので、まったく違う色で反射光を入れるとか↓

反射光3.5

 

これはこれでいい感じなのでいいのです。

なので、

あ、反射光入れれば、いい感じになるんじゃないか??

って時に使えばいいのですよ。

キャラクターで観てみよう。

反射光4

キャラクターで反射光が観やすいのは髪の毛ですね。

よくあるのは髪の毛に肌の光が反射しているのを描いてあげる方法です。

反射光,イラスト

ちょっとわかり易く強く入れてるので、こんなに強くは入れなくていいですよ。

ほんのちょっとでいいです。

画面に入っていないところの要因も絡んでくる。

反射光は、画面に映っていなくても、影響してきます。

例えば、上記のキャラクターが、水面の近くにいるとしたら、

当然、水面の光が反射した感じになります。

反射光7

 

これもちょっと強めにやってるので、ここまで強くなくてもいいですが、

要は、水面に反射した光が当たっているってことが重要なのです。

 

水面だけでなく、近くに森があれば、

反射光,イラスト

当然反射光も緑がかってきます。

このように、反射光の強みは、

画面外の情報も伝えられるってところにもあります。

まとめ

doubutu

反射光の強みは、

  1. ものとものとの関係を結び付け、画面に一体感を持たせられる
  2. 画面外の情報を伝えられる。

光と色のことを学べるオススメ書籍

カラー&ライト ~リアリズムのための色彩と光の描き方~
ジェームス・ガーニー(James Gurney)
ボーンデジタル
売り上げランキング: 4,733
記事が気に入りましたらシェアお願い致します!



 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter



Twitterでも小さいお絵描き講座をやっています。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る