って!! 結構簡単じゃん!! 絵を上手く描く方法 ~意識すれば誰でもできる上達法~

誰でも絵を上手く描く方法を紹介したいと思います。

うまく描くというと、難しそうですが、

誰でもできるし、楽しい方法なのでやってみてください。

絵を誰でも上手く描く方法。~物量作戦(描き込み)~

キャラクターにみる物量作戦。

例えば、このようなキャラクターを描いたとします、

kakikomi_kouza1

すごくシンプルなキャラクターですね。

さて、ここからこの絵をもっと上手い絵にしたいと思います。

上手い絵とは、いい絵だと思われる絵です。

いい絵だと思われるには、どうすればいいのか???

というと、単純に、線の数や、服のシワ、等を増やせば良いのです。

要するに、物量を増やす。

するとこうなります。

kakikomi_kouza3

 

簡単な服のシワや、靴下、腕時計、首周りの縫い目などが、

追加されました。要は物量が増えたのです。

本質的にいい絵になったかどうかは別にして、

基本的には物量がある方が、よく見られます。

 背景に見る物量作戦

次はキャラクターではなく背景のオブジェクトで見てみましょう。

kakikomi_kouza2

 

このように、シンプルに描いた背景のオブジェクトに、

物量を追加すると、

kakikomi_kouza4

 

このように、一見するといい絵になります。

基本的な形は変えていません。線や石の壁の割れを追加しただけです。

自分の絵に納得がいかなかったら、物量作戦を!!

描き上げたのに、なぜか納得がいかない!!!

ということは、結構あると思います。

そういう時も、物量作戦を実行してみましょう。例えば、

kakikomi_kouza5

 

こんな感じの魔女を描いたとします。

しかし! 納得がいかない!!! となりました。

そうなったら、もう物量作戦を実行しましょう!!

単純に物量を増やすのです!!

kakikomi_kouza6

 

こちらも特に、基本的な部分は上の魔女と変わっていませんが、

シワを増やしたり、パーツをちょっと複雑にしているだけです。

あとは髪の毛の線を増やしたり。

物量を増やすだけで結構絵は良くなるのです。

物量作戦は、意識すれば誰でもできることなので、是非やってみてください。

かなり即効性がありますよ。

キャラクターの描き方のオススメ書籍

キャラクターの基本デッサン―老若男女の描き方マスター決定版! (漫画の教科書シリーズ)
人を描くのって楽しいね!衣服編 (廣済堂マンガ工房)
中村 成一
廣済堂出版
売り上げランキング: 8,339
記事が気に入りましたらシェアお願い致します!



 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter



Twitterでも小さいお絵描き講座をやっています。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る