絵の想像力をつける! ~幅広い想像を持つために、意識するといい様々な要素と1つのこと~

ニューヘッダーpixiv

今回はヘッダー画像を変えましたので、

その絵を使って、何か絵を描く際に、その

絵の想像の幅を広げるための様々な要素を検証してみたいと思います。

結構当たり前のことばかりなのですが、

意識するだけで、絵の想像の幅が広がると思うので、

参考にしていただけると嬉しいです。

ポイントとなるのは、これから紹介していく要素の中で、

何か一つ得意なものを作る!

というとこです。そうするだけで、絵の想像力が格段に変わります。

人を描く際の要素

まずは人を描く際の、要素を観ていきましょう。

男か女か ~性別の違い~

fantajy3

僕は、気が付いたら女ばかり描いています。なぜだろうか!

なので、意識的に男を描くようにしています。

その方が、想像の幅が広がるのです。 他にもオカマってこともありますね。

年寄りか中年か子供か ~年齢の違い~

fantajy2 fantajy8fantajy1

年齢による違いは、多くの幅を生みます。

同じような年代の人間ばかり描いていないか、注意してみましょう。

現実的な服装か、ファンタジーよりな服装か ~服装の違い~

昔のクロッキー帳fantajy8

人の着ている服装が、どういう服なのかによっても、

絵の想像の幅が広がります。

例えば、普段、現実的な服装ばかりを想像しているのなら、

ファンタジーちっくな服装も想像してみましょう。

人以外を想像する。

当然のことながら、絵を描く際には、人以外も描きます。

なので、人ばかり描いている場合は、人以外も想像してみましょう。

動物

fantajy5

動物は、一匹入れるだけでも、絵の世界の想像が一気に広がります。

オススメなのは、得意な動物を一匹作っておくことです。

それだけで想像力がかなりつきます。

メカ

fantajy4

メカを描くことは、画力アップにもつながります。

こちらも、何か一つ、得意なメカの形状を作っておくと、

絵を想像を膨らませる際に非常に役に立ちます。

風景

fantajy6

風景(背景)は、それだけがしっかりと想像できているだけで、

非常に力強い絵の要素になります。

風景も、何か一つだけでもいいので、得意なものを作っておくといいでしょう。

まとめ

doubutu

絵には本当に様々な要素があります。ありすぎて困る、、、、。

オススメなのは各要素で何か一つ得意なものを作るということです。

ほんと、それだけで想像力が格段に上がるのです。

絵の想像力をつけるのにオススメの本

余談ですが、

絵の想像力をつけるなら、こちらの書籍がオススメです。

この本は本当に購入して良かったと思っています。

空想リアリズム ~架空世界を描く方法~
ジェームス・ガーニー(James Gurney)
ボーンデジタル
売り上げランキング: 123,503
記事が気に入りましたらシェアお願い致します!



 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter



Twitterでも小さいお絵描き講座をやっています。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る