手を手らしく描く簡単なコツ ~手を描くポイントと手順~

te17

今回は、手を描く上で簡単に描くためのポイントを

解説したいと思う。

実は手を描くのはポイントを押さえれば、

さほど難しくもないし、描いていて楽しいものなのだ。

まずは、手を手らしくするためのポイントをまとめてみよう。

手のポーズ集はこちらをご参考ください→手のポーズ集!!〜簡単に描ける!!

手を手らしく簡単に描くためのポイント

水掻きを描く!! 重要!

水掻きを描くことは、最も手を手らしく描くポイント。

なのにもかかわらず、最も見落とされがちなポイントだ。

しかも、最も簡単なポイントなので、描かないのはもったいないのだ。

それでは解説してゆこう。手を描いたとする。すると、、、。

te1

何か違和感がある、、、。これは水掻きがないのだ。

人間の指のあいだには水かきがある。

te6

上の図の斜線で示しているところだ。

自分の指を見ても確認できると思う。これを、描く意識でやってみよう。

すると、、、

te2

このようになる。手らしくなった。

te5

わかり易く、水掻きを示した。

ココと赤で書いてあるところがそうである。

わかりにくいが、親指のところにも水掻きがあることに注意。

要するに、指と指のあいだに、

水掻きのちょっとした空間があるといいのだ。

指を

te3

このような棒で捉えるのではなくて、

te4

こんな感じで、水掻き付きで捉えると良いのだ。

赤でここと示した部分がそうである。

水掻きが付いた指の曲がり方の意識。

te6

人間の指にはこんな感じで水掻きがついているので、

指を曲げる時に、となりの皮に引っ張られるように曲がります。

こんな感じ。

te9

また、人間の指は手のひら側から見ると、

te25

この図で示した辺のライン辺りで曲がるので、

結構となりの水掻きに引っ張られて、

te10

指を曲げるとものすごい、ぐにょ~んとなるのである!

自分の指で観察してみよう!

 指は人差し指から弧を描くようなライン

te7

こちらは有名な話かもしれない。

指と、指の付け根は小指側になるに従って弧を描くようなラインになる。

こちらも意識するとかなり変わってくる。

前から描く指の簡単な描き方

おそらく、指の正面を描くことに苦手意識を持っている人は多いのでは

ないだろうか?

それに伴い、指が正面を向くような手のポーズを描くのが

難しいという意識をもってしまう。

しかし、実は正面の指を描くことは簡単なのだ。

下の図を見てみよう。

te11

これが、正面の指を描いた図だ。簡単でしょ??

ちなみに一番右から、真正面、ちょっと曲げた指、さらに曲げた指である。

指に見えないとの声が聞こえて来そうだ。

では、これに爪をつけてみよう。

te12

どうだろうか、もう誰がなんと言おうと指である!

これを利用すると、こんなポーズも簡単に描ける。

te13

正面に向いている指には強い技法なのだ。

te19

こちらも正面を向いている手のポーズであるが、簡単に描けてしまう。

このように、まずは手が難しいという先入観を捨ててみよう。

手を簡単に描く手順が、手を描くコツ

手を描くときは、どうやったら一回で簡単に描けるか?

という手順を見つけることが、上手くなるコツである。

多数の例を通して見てみよう。

なお、ここに示す手順は、

このようなものじゃなきゃいけない!!

というものではなく、あくまで

「僕がこうすると描きやすいのではないか?」

と思った手順であるので、必ずこうしなきゃいけないというものではない。

もし、自分はこの方がやりやすいという手順があれば、

そっちを優先すればよいのだ。

手のひらを描く手順

te2

まずは大道のこの手のポーズを描いてみよう。

実は手の基本がつまった結構難しいポーズなのだ!!

一見難しそうなポーズの方が簡単だったりする。

te2_1

まずは小指から描いていく。

te2_2

そして薬指、水掻きをちゃんと入れるところがポイントだ。

続いて、中指、人差し指と追加していく。

te2_3

 

te2_4

指を描くときのコツは、

te2_4補足

このような円弧を意識することと、

te2_4補足2

こんな感じで、扇子の羽のように、指に角度がつくことを

意識するとよい! 基本的には、中指を中心に左右に分かれる。

では描く手順に戻ろう。次に親指を追加する。

te2_5

親指を描くときは、

te2_5補足

この赤丸で示した、親指の水掻きも忘れずに描こう!

te2_6

小指側の手のひらを描いて、

te2

後は手相をつけたら完成である。

横から見た手を描く手順

横からの手を描くコツは、手前の指から描いていくことである。

それではみていこう。

①小指側から見た手

te23

最初に、このような小指側から見た手を描く手順を見てみよう。

te23_1

僕は小指側から手を描く場合は、

小指から描くようにしている。

そうすると、線を重ねずに描けるのだ。

te23_2

次に手の甲を描いて、全体のイメージをつかみやすくする。

te23_3

そして薬指を描く。僕の場合は、指は手前から描いたほうが、

線を重ねずに描けるので好きなのだ。

te23_4

そして一番奥の指を追加して、

te23_5

このように、手前側を最初に仕上げてしまう。

te23_6

そして最後に親指を追加する。

僕の場合は、ポーズが変わっても、小指側から見る場合は、

基本的にこのような手順である。

 

②人差指側から見た手

te24

次に、人差指側から描く場合を見ていこう。

te24_1

基本的に、手を描くときは、僕の場合、

親指を除いた、手前の指から描いていくので、

人差指から描く。

te24_2

そして、親指を描き、全体のイメージを掴む。

te24_3

手のこうを描き、

te24_4

 

後は手前から指を描いていく。

te24_5 te24_6 te24_7

やはり、指は手前から描くと描きやすい!!!

と、僕は思ってしまうのだ!

正面から見た手を描く手順

次に、正面から手を描く手順を見ていこう。

正面からの手が苦手という人は結構多いのではないか?

①手のこうを上に向けた手を正面から描く手順

te19

先ほど例でも出した手である。順を追ってみていこう。

手は、どこから描けば線を重ねずにかけるかを考えると、

簡単に描けるパターンが多い。

この場合は、人差指から描くと描きやすそうである。

te19_1

こんな感じで描く。ムーミンの頭のような形を描くと覚えておくと、

わかり易いかもしれない。

これがやりづらいのなら、単純な円柱でも良い。

te19_2 te19_3 te19_4

こんな感じで、長さの違うムーミンの頭を描いていく。

te19_5

後は親指を描いて、

te19_6

手のひらを描く。

手のひらを描くコツは、

正面から見ると、手のひらは、

親指側の方が大きな山になっているのだ。

te16

図で表すとこのような感じだ。なので、親指側の山の方を、

大きく描いてあげると、うまくいくのだ。

 

te19

爪と手相をつけたら完成である。

②手のひらを上に向けた正面の手を描く手順

te18_7

僕はまず中指から描く。

te18_1

僕はこんなかたちで指を描いているが、単純な円筒形でも、

もちろん構わない。指を中指を中心に、放射状にたしてゆく。

te18_2 te18_3 te18_4

やはり指をたしていくときにもコツとなるのが、

te18_4補足

この赤丸で付けた水かきである。これがあるだけで、非常に、

指らしくなる。

te18_5

続いて親指をたす。親指も、

te18_5補足

このあたりに水掻きがある意識で描いてあげよう。

te18_6

そして手のひらを描いて、

te18_7

手相と指のシワを付けたら完成である。ちなみに、

te18_7補足

正面の手を、手のひら側から描くときに、図でこれと赤で示した

シワを入れてあげると、一気に手らしくなるのでやってみよう!

握った手を描く手順

①正面から

te20

まずは、正面から描いてみよう!

te20_1

僕の場合、まずこのような山脈を描く。

te20_2

そして、最初に中指を描く。指の付け根がYの字になっているのは、

水掻きである。手を握ることで収縮しているのだ。

te20_3

薬指、

te20_4

 

小指と描いて、

te20_5

人差し指を描く。

te20

そして最後に一番奥にある親指を描いたら完成である。

基本的には、どうやったら線を重ねずに一回で描けるかを、

考えて描くと、すぐに描きやすい手順が見つかる。

②握った手を小指側描く手順

te22

握った手を小指側から描く手順は、僕のはもしかしたら特殊なので、

あまり参考にならないかもしれないが、

個人的にはすごくいい手順だと思っているので、

参考にしてみてください。

te22_1

まずは、こんな感じで小指の握ったシワを描くのだ!

Xのような感じで描くと覚えておくとわかり易い。

te22_2

そしたら小指の輪郭を書いてしまう。

te22_3

そしたら手のこうを描き、

te22_4

小指側の手の側面を描いてしまう。これで大まかな全体のイメージが

つかめると思う。

te22_5

奥の方にある指を描いてしまう。奥の指の見え方のさじ加減は、

各々の感覚に依存するのだ。

te22_6

親指を描いて、

te22

向こう側に見える手のひらを描いたら完成である。

②握った手を親指側描く手順

te21

今度は握った手を親指側から描いてみよう

このやり方も、僕の場合少し特殊である。

te21_1

このように、手の水掻きのシワから描くのだ。

te21_2

そして親指を半分まで描く。

そしたら

線をちょんちょんちょん!って感じでたして、

人差し指を書いてしまう。

te21_3 te21_4

 

te21_5

なんとなく指の形が見えてきた。

te21_6

そしたら人差指の外側のラインを描いて、

 

te21_7

手のこうを描く。全体のイメージがつかめるようになった。

te21_8

そしたら残りの親指を描いて、

te21

適当に腕をつけたら完成である。

 ものを持った手を描く

最後に、グラスを持った手を描く手順を描いてみる。

te14_1

このような、手+物の場合でも、どうやったら、

線を重ねずに簡単に描けるかを考えると非常に面白い。

では手順をみていこう。

te14_2

まずは手が物にかぶらない部分を描く。この場合でいうと、

グラスの上部である。

te14_3

次に、グラスにかぶってくる指を描く。僕は最初に親指を描いた。

te14_4

そうしたら、人差指、中指、薬指を描く。

この場合は、指はほぼ正面を向いているので、

ほとんど丸を描くだけで大丈夫だ。

te14_5

そうしたら、残りの指にかぶらない部分のグラスを描き。

te14_6

グラスの底の下にくる小指を描く。

te14_7

手のひらと腕を描き、

te14_1

残りの爪などを付けたら完成である!!

まとめ

doubutu

 

手を描くのがうまくなるコツは、

  • 難しいという先入観をなくす。
  • どうやったら、簡単に一回で描けるか?? を考える

ということだと思う。

辺りや下描きをするのを、否定するわけではないが、

個人的には難しいという先入観にとらわれるので、

どうやったら、簡単に一回で描けるか??

を考える方がいいと思っています。

そのほうが楽しいし早いのだ。

手のポーズ集はこちらをご参考ください→手のポーズ集!!〜簡単に描ける!!

 

手の描き方、上達ためのおすすめ書籍

手と足の描き方―仕組みを知って上手くなる!骨格・筋肉・形状・動き・性別や年齢による違い
ジョヴァンニ チヴァルディ 中村 武
マール社
売り上げランキング: 66,418

手だけでなく、足の描き方も載っている。

シンプルなのだけど、すごく上手い描き方をしているので非常に参考になる。

上手いのだけど、何か自分にも描けそうだ!!

と、思える感じだ。

自分が購入した手足の描き方の本の中では一番良かったと本だと思っている。

46 件のコメント


  • 良ければ、指で銃の形を作ってるやつを描いてもらいたいです

    正面からと、横からのやつ、時間があればお願い致します


  • 手順を見つけることが、こんなに自分の
    スランプを脱するキッカケになるとは思いませんでした。
    感謝です。握った手の小指側からの項目、Xのシワから描いてみたら私には合いました笑
    ありがとうございました!


  • 手を描くのが苦手だったんですが、これを見て描けるようになりました!

    ありがとうございました(´∇`)

    ps.鉛筆とかペンとか持ってる手の描き方描いてくれると嬉しいです


    • ううう、ありがとうございます。
      ペン持ってる手を描く描く言って全然描いていませんでした。
      かかねば。


  • 丁寧教えていただき、ありがとうございました
    すごく参考になり描くことが楽しくなるようになりました
    他にもいろいろなパターンを描いてくださいm(__)m


  • 初めまして。
    こちらにある素材(画像)を一部使用させていただくことはできないでしょうか。

    仕事の都合で、10歳の子どもたちに手の描き方を教えることになりました。絵が苦手な私には難題でした。そこで、ネットで調べているととても分かりやすくまとめてあるこちらのサイトに出会うことができました。是非、子どもたちに紹介したいのでご検討よろしくお願いいたします。
    具体的な使用法としては、①こちらの画像を数枚印刷して子どもたちに配布、②子どもたちの今後の課題である自画像を作成する際に、こちらに載っている手を参考にしてもよいことにする。以上の2つです。


      • 教えていただきありがとうございました

        あと、手の書き方がとても分かりやすくて、タメになりました!!(o^・^o)
        できれば、遠近法での手の書き方を教えていただけますか?


  • 手の描き方で悩んでいましたが、この方法を見てよく分かりました。これでいろんな手のポーズを描こうと思います。ありがとうございます!


  • ありがとうございます、これなら、美術の手のデッサンのテストもなんとかなりそうです。本当にありがとうございました!


  •  この記事をみつけ、「よし、やってみよう!」という気持ちになれました。
     素敵な記事に感謝、感謝です。


  • 苦手意識が強かった手ですが、
    目からうろこでした
    この記事に出会えて本当に嬉しいです!
    ありがとうございます!!


  • もうすぐ娘の美術のテストです。
    とても絵が苦手な子で、どうしたら実技のテストでいい点が取れるかを模索していました。
    闇雲に練習しろ、と言っても難しいと思い探していたらこのページが見つかりました。
    早速娘と一緒に練習します。
    ありがとう。


  • 期末テストがあるのですが書きやすくうまく書ける形とコツなど教えてください
    手はどうしたらそんなにうまく書けるんですか?
    まねしてかいてもうまくいきませんでした

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。