複数の人を描きたい!!人を思いどうりに配置する方法(人物パース)

今日は、複数の人物を、簡単に配置する方法をご紹介します。

パースといっても、そんなに難しい話はしないよ~。

では、進めていきましょう。

目線の高さで簡単パース!

人物パースjinpa1

このような人物を描いたとしましょう。

それで、複数の人物を描きたいと思ったら、

自分の目線の高さを基準に決めてあげるのが一番簡単です(たぶん)

今回は、

text3874

このように、自分の目の高さを、キャラクターの高さに合わしたとしましょう。

そうしたら、後は、この目の高さはずらさずに、

人物を縮小して行けば、自然と奥にいったように見えます。

こんな感じです。

描画

目の高さを変えず、後は拡大縮小して位置を決めるだけなので、

すごく簡単です。小さくすれば、奥に行くし、大きくすれば近くに来ます。

実際の絵で見てみましょう。

jinbutu001_iro2UP2

この絵は、自分の目の高さを、キャラクターの目の高さに

合わせてあります。

目の高さは動かさずに、キャラクターの大きさを決めてあげているだけです。

 

しかし、!!

これは、同じ身長の人物に限った話なのですね。

 

身長を高くしたり、低くしたい場合は、

人物パースjinpa3

この図のように、身長を高くしたければ、目の位置を、上に、

低くしたければ、目の位置を下に描いてあげれば良いのです。

ちなみに、足元の位置は変わりません。

これは、身長が高かろうが、低かろうが、立っている地面の高さが同じだからです。

 

もちろんですが、

自分の目の高さは、キャラクターの目の高さに合わせる必要はありません。

お腹に合わせたって、膝に合わせたっていいのです。

試しに膝に合わせてみましょう

人物パースjinpa11

赤のラインが自分の目の高さです。

人物パースjinpa4

目線の高さを膝に合わせたら、キャラクターの膝の位置だけ目線に合わせて、

拡大縮小してあげれば良いのですよ。

どこに目線を合わせても、このやり方は変わりません。

jinbutu002_iro2UP2

こちらの絵も、自分の目線をキャラクターの膝の高さで合わせて、

キャラクターの位置関係をとっています。



SPONSORED LINK



キャラクターの中に目線がない場合は??

では、このような場合はどうしたら良いでしょうか??

赤のラインが自分の目の高さです。

人物パースjinpa5

今までとちょっと違いますよね。

今までは、目とか、膝とか、

あくまでも目線はキャラクターの体の中にありました。

このパターンでは、目線がキャラクターの中にありません。

この場合は、ちょびっとだけ面倒ですが、大丈夫!!

簡単です!!

人物パースjinpa6

まず、この青のラインのように、描きたい人物の

頭と足元を繋いだ線を描きます。

その線を目線の高さで、一点に繋ぎます。

目線の高さであれば、どこでも良いです。ただ、人物の真上などはやりにくいので、

なるべく図で示した辺りが良いです。

 

そしたら、後は、この青のラインで示した大きさに合わせて、

人物を描いてあげれば良いです。すると、

人物パースjinpa7

こんな感じになります。

このように描いた人物は、人物の頭と足元の高ささえずらさなければ、

水平移動することが可能です。

どういうことかというと、

人物パースjinpa9

図の赤い矢印の高さをずらさずに、

人物パースjinpa10

横に移動させてあげることができるということです。

こうすると、人物の位置と大きさに違和感なく、人物を配置することができます。

人物パースjinpa8

要は、人物の足元と、頭の高ささえあっていれば、

上図ののように、どこにでも配置できるということです。

 

しかし!これも同じ身長という条件でのみ有効です。

 

身長を高くしたり、低くしたりしたい場合は、

人物パースjinpa12

こんな感じで、頭の位置を、高くしてあげれば、身長が高いことになります。

しかし、足元の位置は変わりません。

これは、身長が高かろうが、低かろうが、立っている地面の高さが同じだからです。

もちろん、地面が高くなれば、足元の位置は高くなります。

 

そして、低くしたい場合は、

人物パースjinpa13

こんな感じで、頭の位置を低くしてあげれば良いです。

もちろん、こちらも足元の位置は変わりません。

 

こちらの絵は、赤のラインを目線の高さに設定してあげています。

jinbutu003_iroUP2

上に記載したパースの取り方で描いています。

子供だけ、身長が低い設定にしてありあます。

上に記載した方法を使えば、このような人物パースも簡単に描けます。

 まとめ

doubutu

人物を複数配置することは、苦手意識を持っている人が多いだけで、

全然難しくはありません。

落書き程度でもいいので試してみましょう。

思いどうりに人物を配置できて、面白いですよ。

人物画のオススメ書籍

記事が気に入りましたらシェアお願い致します!



 

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2014年 8月 05日


    わかりやすい!ありがとうございます!

      • opa-ma2
      • 2014年 8月 09日


      いえ、こちらこそ見ていただいてありがとうございます!

    • 2014年 8月 10日


    とてもわかりやすい解説でありがたいです!

      • opa-ma2
      • 2014年 8月 10日


      ありがとうございます! わかりやすさ第一ですゆえ

    • 2014年 8月 11日


    とても分かりやすくて素晴らしい
    助かりました

      • opa-ma2
      • 2014年 8月 12日


      おおお! ありがとうございます! なんだか最近コメントが多いです!
      うれしいかぎり!

    • 2014年 9月 12日


    すんごく参考になりました!ありがとうございました!

      • opa-ma2
      • 2014年 9月 12日


      ありがとうございます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter



Twitterでも小さいお絵描き講座をやっています。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る