絵が全然上手くならない。絵を描くのが辛い、という人へ向けた上達本

お絵描き上達理論集大成

☆概要☆

この書籍は、

絵を描く上でのテクニックや、

考え方を述べているものではありません。

絵って本当に情報が膨大ですよね。

一つの書籍ですべてを語ることは不可能だと感じています。

しかし、

絵を描く人に、

確実に上達し、上達を早める方向性を指し示すこと、

絵を描くのは本当に楽しい事なんだと伝えること

それはできると思ったのです。

僕自身、絵が全然上手くならなくて、常に劣等感を抱えていました。

それでも絵が大好きで、

絵を描くのが辛いと思ったこともあったけど、

それでも絵を描き続けています。

そして、絵が全然上手くならなった僕だけど、

上手くなり始めたきっかけと、絵を描いていく心の持ち方、

どのようにして描いていくのか?

という方向性がありました。

この書籍では、これらについて語っています。

なので、

人はこう描く、パースはこうだ!といったものではなく、

・絵を描いていく上での心の持ち方
・どういう方向性で描いていくのか
・具体的にどういう描き方をすればいいのか

ということについて、書いてあります。

☆本の中身☆

中身はこんな感じです。
yahoo_oku2

yahoo_oku1

☆本の内容☆

主に

・絵を描いていく上での心の持ち方
・どういう方向性で描いていくのか
・具体的にどういう描き方をすればいいのか

ということについて、書いてあります。

☆もくじ☆

はじめに! P5

お絵描き上達理論の章 p7~

絵を描く能力の全体像 p8

絵を描くことの全体像 p12

上達のプロセス p15

各プロセスの概要 p18

プロセス1と2 ~想造とは何か?~ p22

プロセス1と2 ~想造をしやすいものの観方~ p32

プロセス3 ~自分の想造できない部分のわかる描き方をしよう~ p36

プロセス3 ~想造のレベル~ p43

上達の過程まとめ ~上達の過程を理解しよう~ p43

もう一つの上達過程 ~何ができていないかわからない時は~ p53

最終的には各々のやり方で p61

心の章 ~絵を描くときの心もち~ p63

楽しむ心 ~楽しむことを忘れるな~ p64

心の変化 ~おともだちから 彼女へ、そして嫁へ、、、。~ p69

思考の方向性 ~へこまない。ちょっと気楽にいこうよ。~ p74

絵を楽しむために ~絵を描くことはライブだ!~ p80

すべては自然から ~人間の脳は大したことない~ p84

観方集 p86

観方のクセ ~形か色彩か~ p87

形の観方 ~物体としてとらえ、表現する~ p91

光とカゲの観方 ~色々なカゲたち~ p100

鏡面反射 p129

発光 ~発光を観察するポイント~ p136

ハイライト p141

最後に。p144

☆筆者から☆
doubutu

僕が、

絵、イラストを練習する上で、

「全体を通して大事だと言えるのではないか??」

と思ったことをまとめております。

自分なりに結構一生懸命書いた本です。

この本が上達の、

そして絵を描く事を楽しいと思える後押しになれれば嬉しいです。

 

自分なりに結構一生懸命書いた本です。

価格は630円になっております。

詳しくはこちらのリンクからご覧ください。

お絵描き理論集大成
side_up

 

 

 

 

 

 

 

 

ボソ、、、)買ってくれたらうれしいです。

記事が気に入りましたらシェアお願い致します!



 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter



Twitterでも小さいお絵描き講座をやっています。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る