そんな練習法があったのか!絵が上手くなるオススメの絵の練習法

オススメの練習1

描けば描くほど上手くなるって言うのはわかるけど、
なん効率のいい練習法はないのか!!??

描いても描いても上手くならないおorz

上手くなるには量を描くしかない!

って言う事はよく言われる事ですが、

今回は、自分が結構効果を実感できていて、

かなり効率のいいやり方なのではないか?

と、感じている方法をご紹介します。

描く対象を観ないで描く

オススメの練習2

効率のいい方法、それは、

対象を観察しながら描く!のではなく、

観察してから、それを頭に入れて、観ないで描くのです。

なんかすごく簡単な事なんですけどね、

多分、デッサンを極めたい!!! という人より、

萌える絵を描きたい!! 漫画を描きたい!!

という人の方が多いと思います。

と、いうことは、観ないで描けるほうがいいわけです。

観ないで描く具体的なやり方

これは各々のやりやすいやり方でいいと思います。

例えば、一回散歩に行って、

描きたい対象を観察してそれを頭に入れてからから帰宅し、

思い出しながら描く。

お気に入りの作家の絵を画集とかパソコンで観て、それを頭に入れてから

それを観ないで描く。

色々ありますが、様は、観ないで描くという事さえやれば、

何でもいいのです。

観ないで描けなかった所は再び観察しよう!

観ないで描けなかった所は、再び観察してみるのがいいと思います。

そうする事で、描ける所が多くなっていきますので。

観ないで描くのって、自分がどこを描けないのかがわかるっていう

メリットがあるようです。

 まとめ

doubutu

聞いた話によると、西洋の方の美術教育では、

このやり方でデッサンを教えているようですよ。

 

もうちょっと詳しく解説しています!

僕の書いた本で上手くなる絵の練習法について、

詳しく解説しています。

興味のある方はぜひに!

購入はこちらから

お絵描き上達理論集大成

 

記事が気に入りましたらシェアお願い致します!



 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter



Twitterでも小さいお絵描き講座をやっています。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る