線画の抽出のやり方!〜フォトショ(photoshop) 編 アナログ線画〜

線画集出サムネ

アナログで線画を描いて、デジタルでペイント!!

という人も少なくないはずです。

今回は、photoshopでの線画抽出のやり方を説明したいと思います。

これでイラスト上達だ!

Sai編はこちら

イラスト上達!線画抽出のやり方phtoshop編

photoshopの抽出のやり方は二種類あります。それぞれ特徴がありますので見ていきましょう。

2つのやり方で共通の下準備

ここは、やり方1、2の共通の部分になります。

 

①画像の取り込み

まずは、フォトショップで線画をスキャンします。

講座1

今回は、こちらの絵を使って抽出の説明を致します。

②背景レイヤーからレイヤーへ

レイヤーパネルを見てみてください。

レイヤーパネルが見当たらない場合は、上のメニューバーの

ウィンドウ→レイヤー をクリックします。

背景からレイヤー

取り込んだばかりの画像は、名前が”背景”となっており、右に鍵のマークがついています。

これを通常のレイヤーにします。

(名前も背景じゃないし、鍵マークもついてないよ!って人はそのままで大丈夫です。)

上部メニューバーの、レイヤー→新規→背景からレイヤーへ を選択します。

そうすると、背景レイヤーから通常のレイヤーになります。

なぜ、背景レイヤーから通常のレイヤーにするかというと、背景レイヤーでは、レイヤーの

移動ができないからです。

レイヤーの名前は、元絵としておきましょう。

③レベル補正

講座1

取り込んだばかりの画像を見ると、上の画像のように、

ちょっと全体的にグレーがかっていると思います。

線画を抽出しやすいように、まずはこのグレーがかった色を、綺麗な白にします。

上のメニューバーから、

イメージ→色調補正→レベル補正を選択します。

すると、下図画面右上のような、レベル補正と書かれた小さい画面が出てきます。

講座4

ここからレベル補正を行っていきますが、僕はいい感じのレベル補正ができるように、

上図の様に、キャラクターをアップにして行っています。

こうする事で、後に微調整が効きやすいのです。

では、ここからレベル補正を行っていきたいと思います。

上図赤丸で囲まれた矢印を、左に動かしてみましょう

講座6

すると、グレーがかった背景の色が、白に飛びました。

今度は上図の青丸で囲まれた矢印(まん中の矢印)を、右に動かして、

線画の色を少し濃くしてみましょう。

講座7

上図の画像ではわかりにくいですが、少し濃くなりました。

右に動かせば動かすほど、濃くなるのがわかると思います。

もっと濃くしたい場合は、もっと右に移動すればOKです。

僕は、アナログの線の感じを残しておきたいので、いつも少しでとどめておいています。

これで共通部分は終了です。

線画抽出のやり方1 アナログ感を消した方法

では、線画抽出をはじめていきましょう。

①範囲の選択

まず、レイヤーパネルのところの、チャンネルをクリックします、

sph4

レイヤーパネルが見当たらない場合は、上のメニューバーの

ウィンドウ→レイヤー をクリックします。

レイヤーパネルはあるけど、チャンネルが見当たらない場合は、

ウィンドウ→チャンネル をクリックします。

講座8

そうしたら、チャンネルウィンドウの下の方にある点線のマル(上図の赤丸)をクリックします。

構図9

そうしたら、このように、絵に、点線で選択範囲が表示されます。

線にそって、点線で、選択範囲が展開されているのが見て取れると思います。

この状態から、選択範囲を反転させたいので、上のメニューバーの、

選択範囲→選択範囲の反転

をクリックします。そうすると、選択範囲が反転します。

これで、線画部分だけ選択されました。

 ②レイヤーの追加

レイヤーを追加します。

レイヤー→新規→レイヤー で、レイヤーを追加しましょう。

レイヤーの名前は、線画としておきましょう。

講座10

並び順は、先ほどの元絵レイヤーの上に置きます。

クリックアンドドラッグで移動できます。

②色を塗る。

構図9

そしたら、先ほどの線画レイヤーにペンツールを大きくして、

線画にしたい色で画面全体を塗り潰します。今回は黒を使用しています。

ペンツールの、不透明度を100%で、筆圧調整機能をオフにしているとやりやすいです。

筆圧と流量

筆圧調整機能は、上図の赤丸(不透明度の筆圧)と青丸(流量の筆圧)を、オフにしておくと、

やりやすいです。

線が細いので、あまり変化を見て取れませんが、大丈夫です。

塗り終えたら、

選択範囲→選択の解除

で、選択範囲を解除しましょう。

④確認

こんな感じになりました。

講座11

このままではわかりにくいので、

この線画レイヤーの下にもう一つレイヤーを作りましょう。

レイヤー→新規→レイヤー

で、レイヤーを作ります。名前は背景としておきましょう。

講座12並び順は、先ほどの線画レイヤーの下に置きます。

そしたら、背景レイヤー全面に色を塗ってみましょう(何色でも良い)

講座13

そうしたら、線画が抽出できているのが見て取れると思います。

やり方2〜アナログ感が残る方法〜

先ほどのやり方1では、線画抽出はできるのですが、結局は、パソコンで塗っているので、

アナログ感が損なわれてしまうのです。先ほど線画抽出した画像をアップにすると、

わかりやすいです。

講座xこれから紹介する方法は、

アナログ感を損なわない方法です。

2つのやり方で共通の下準備のところまでは、先ほどの行程と同じです。

①レイヤーの追加とレイヤーモードの変更

レイヤー→新規→レイヤーで、レイヤーを追加します。

講座2_1

並び順は、一番下(元絵レイヤーの下)にします。

次に、元絵レイヤーを選択して、レイヤーの合成モードを変更します。

講座2_2

上図の赤丸をクリックしてください。

講座2_3

そうしたら、上図赤丸の、乗算を選びましょう。

すると、一番下のレイヤー(元絵レイヤーの下のレイヤー)に、色を塗れるようになれます。

②確認

一番下のレイヤー(元絵レイヤーの下のレイヤー)に、色を塗ってみましょう。

講座2-4

乗算にすると、線画のレイヤーの白い色が透明化されるのです。

ペンツールで塗り直さないので、鉛筆で描いたアナログ感を維持したまま、

線画を抽出する事ができます。

 

やり方1と2、お好みの方でやってみてください。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。