線画の抽出のやり方!〜フォトショ(photoshop) 編 アナログ線画〜

線画抽出のやり方1 アナログ感を消した方法

では、線画抽出をはじめていきましょう。

①範囲の選択

まず、レイヤーパネルのところの、チャンネルをクリックします、

sph4

レイヤーパネルが見当たらない場合は、上のメニューバーの

ウィンドウ→レイヤー をクリックします。

レイヤーパネルはあるけど、チャンネルが見当たらない場合は、

ウィンドウ→チャンネル をクリックします。

講座8

そうしたら、チャンネルウィンドウの下の方にある点線のマル(上図の赤丸)をクリックします。

構図9

そうしたら、このように、絵に、点線で選択範囲が表示されます。

線にそって、点線で、選択範囲が展開されているのが見て取れると思います。

この状態から、選択範囲を反転させたいので、上のメニューバーの、

選択範囲→選択範囲の反転

をクリックします。そうすると、選択範囲が反転します。

これで、線画部分だけ選択されました。



SPONSORED LINK



 ②レイヤーの追加

レイヤーを追加します。

レイヤー→新規→レイヤー で、レイヤーを追加しましょう。

レイヤーの名前は、線画としておきましょう。

講座10

並び順は、先ほどの元絵レイヤーの上に置きます。

クリックアンドドラッグで移動できます。

②色を塗る。

構図9

そしたら、先ほどの線画レイヤーにペンツールを大きくして、

線画にしたい色で画面全体を塗り潰します。今回は黒を使用しています。

ペンツールの、不透明度を100%で、筆圧調整機能をオフにしているとやりやすいです。

筆圧と流量

筆圧調整機能は、上図の赤丸(不透明度の筆圧)と青丸(流量の筆圧)を、オフにしておくと、

やりやすいです。

線が細いので、あまり変化を見て取れませんが、大丈夫です。

塗り終えたら、

選択範囲→選択の解除

で、選択範囲を解除しましょう。

④確認

こんな感じになりました。

講座11

このままではわかりにくいので、

この線画レイヤーの下にもう一つレイヤーを作りましょう。

レイヤー→新規→レイヤー

で、レイヤーを作ります。名前は背景としておきましょう。

講座12並び順は、先ほどの線画レイヤーの下に置きます。

そしたら、背景レイヤー全面に色を塗ってみましょう(何色でも良い)

講座13

そうしたら、線画が抽出できているのが見て取れると思います。

次のページへ

線画の抽出のやり方!〜フォトショ(photoshop) 編 アナログ線画〜」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: アナログ線画の抽出のやり方!〜Sai編〜

  2. ピンバック: お絵描きメイキング! レイヤーをあまり使わないタイプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。