グロー効果とソフトフォーカスのやり方 〜PhotoshopとGimp編〜

グロー効果のやり方

①下準備

まず、完成した絵をコピーしたレイヤーを作ります。

レイヤー→レイヤーを複製 で、できます。(Gimpも同じ)

レイヤーパネルがない場合は、

ウィンドウ→レイヤー で表示できます。

(GImpの場合、ウィンドウ→ドッキング可能なダイアログ→レイヤー)

grou0

こんな感じです。完成した絵を 元絵、

それをコピーしたレイヤーを 元絵のコピー としておきます。

②レベル補正

rebelgazou

元絵のコピーのレイヤーをレベル補正して、

上図のような、コントラストの強い画像を作ります。

元絵のコピーレイヤーを選択した状態で、

イメージ→色調補正→レベル補正 を選択します。

( Gimpの場合は、色→レベル)

reberu1

すると、このような画面が出てきます(Gimpもだいたい同じです。)

上図の赤丸の矢印を左に、動かします。

そうすると、明るい色がより明るくなります。

reberu2

続いて、上図の青丸を右に動かします。

そうすると、黒い部分が、より黒くなり、結果的にコントラストの強い画像が出来上がります。

rebelgazou

今回出来上がったのは、このような画像です。

完全に黒と白だけにするのではなく、色味を適度に残すといい感じになる気がします。

グロー効果とソフトフォーカスのやり方 〜PhotoshopとGimp編〜」への2件のフィードバック

  1. 鈴木


    秋頃この記事を読み先日ようやく実行しました
    自分の絵では素敵な感じにならず、
    これは元になる絵の技術力がものを言う効果なんだと思い知りました
    途方に暮れる思いですがずっと活用したいと思っていた効果なのでコツコツ挑んでみます
    講座どうも有難うございます!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。