なぜ年越しそば!? 年越しそばを食べる由来とか理由。

そば

もう年末ですね。一年も早いものです。

なぜか、年末ってそばを食べますよね? なぜでしょうか?

年越しそばは、

江戸時代中期から定着した食習慣らしいです。

が、その理由はハッキリとはわかっておらず、いくつか説があるそうです。

まあ、とにもかくにも縁起を担いで食べるそばらしい。

一番もっともらしい説。

江戸時代中期頃に、商業や農業を営む都市住宅では、元々月末にそばを食べる習慣があって、

それが大晦日だけ食べるようになって、年越しそばになったと考えられているらしい。

しかも、その時に流行っていた脚気(かっけ)という病気に、

そばを食べていたらならないぞ!っていうことが話題になって

大流行したそうな、、、。

脚気ってこういう膝をハンマーで叩く検査で有名ですよね。

kakke

まあ、他にも色々説が色々あります。

 

細く長く説!

sobanagakunobiru

そばは長くのびるので、寿命を伸ばし、家運を伸ばしたいという意味が込められいるそう。

 

切れる説!

sobanobiru

そばは他の麺類よりも切れやすいという意味から、

一年の苦労や厄災をきっちゃおう!という意味があるそう。

 

健康にいいんだぞ説!

sobagenkininaru

昔からそばは健康にいい食べ物だ! という事が言われていたそうです。

健康になって新年迎えるぞ!っていう意味ですね。

 

金を集めるぞ説

sobaokane

昔は金銀の粉を集めるのにそば粉を使っていたそうです。

そばは金を集めるぞ!! ってことで縁起が良いとされたとか。

 

長く続くんだぞ説!

sobaenn

家族の縁が長く続きますように! と、願いを込めてるんだという説。

 

他にも様々な説があるそうです。

 

まとめ

doubutu

ちなみに、うどんとそばだったら、

僕はそば派です!!

記事が気に入りましたらシェアお願い致します!



 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter



Twitterでも小さいお絵描き講座をやっています。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る