たった一つの!ドラゴンの鱗の描き方のコツ!

ドラゴンのイラスト

ドラゴンを描きたい!!

という人は、結構多いと思います。

そんな中で、僕が一番手こずったのが鱗でした。

今回は、ドラゴンの鱗の描き方の、たった一つのコツを紹介したいと思います。

ドラゴンの鱗の描き方のたった一つのコツ。

僕が、これは使える! と思ったのが、

鱗の溝を明るい色で描くという事です。

こちらを見てください。

ドラゴン下書き

これは、僕がドラゴンを描く際の下書きです。

頭部をアップにしてみましょう。

ドラゴン下書き

ドラゴンの鱗の溝は、黒い線で描かれていますが、

これを、色を付ける際に明るい色で描くのです。

そうすると、

ドラゴン頭アップ

このようになります。ドラゴンの鱗の溝が、白い色で描かれているのが、

わかると思います。

黒い色を使うより、白っぽい色を使う方が、リアリティーがある気がします。

これが、僕が見つけた鱗を描くコツです。

記事が気に入りましたらシェアお願い致します!



 

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2015年 1月 09日


    参考になりました

      • opa-ma2
      • 2015年 1月 09日


      ありがとうございます!


  1. 目からうろこです!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter



Twitterでも小さいお絵描き講座をやっています。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る