イラストメイキング! レイヤーをあまり使わないタイプ

oekaki17

今回は、イラストメイキングを上げてみたいと思います!!

今回紹介するイラストメイキングはあまりレイヤーを使わない描き方です!

すごくシンプルなのだけど、色味を調整しやすいやり方だと思うので、

もし気が向いてみたらやってみてください!

直感で描けてたのしいよ!

イラストメイキング! レイヤーをあまり使わないタイプ

準備 〜 線画抽出

では、イラストメイキングをはじめます。

まずは、A4の紙にラフを描きます。

oekaki僕は大抵A4の紙で描きます。

特に考えもせずに、こんなの描きたいな〜ってのを気ままに描いてます。

 

oekaki1

ラフができたら清書します。

ライトボックスを使っています。

 

oekaki2

そうしたらパソコンに取り込んで線画抽出を行います。

線画抽出はこちらで詳しく解説しています。

イラスト上達!アナログ線画の抽出のやり方!〜Sai編〜

アナログ線画の抽出のやり方!〜フォトショ(photoshop) 編〜

色塗りの前にレイヤー構成

では、色塗りに入っていきます! っとその前に、

レイヤー構成を先に提示しておきます。

レイヤーの並び

レイヤーは上記の並びになっています。基本的に5つのレイヤーだけです。

今思えば雲と背景は同じレイヤーで良かったかもしれません。

ちなみにレイヤー1というのはキャラクターレイヤーです(名前変え忘れ)

色塗り ①色決め

まずは、ラフに色を置いて、どんなに色にするかの

色を決めます。はみ出ても気にしません。あくまで色を決めるのが目的です。

色をはみ出すとかはあまり気にしないで、何となく色を置いてゆきます。

oekaki3どんな絵でもそうですが、僕は大抵空から塗ります。

 

oekaki4そうしたら背景のだいたいの色を塗ります。

空のレイヤーと、背景のレイヤーは分けてあります。

 

oekaki5

そうしたらキャラクターも色をラフに置いていきます。

僕は、基本的に薄い色から置いていきます。ここで、あまりにも色の彩度が低すぎて、

絵が弱々しい感じになったので、

 

oekaki7

キャラクターや木々、机に彩度の高い色を置いて、絵を強くしました。

彩度が低くなってしまうのは、クセみたいなものなので、いつも意識的に強くしてます。

だいたいこれくらいの色味で良いと思ったので、色味を置く作業は、これで終了しています。

あくまでも色を決めるだけなので、はみ出しても気にしません。

色塗り ②光と影を入れる

oekaki8

決めた色に光と影を入れていきます。

基本的にスポイトで基本となる色を拾って、明度を下げたり上げたりして、

光と影の色を作っています。こちらも大まかに色味の感じを見るだけなので、

はみ出したりとかはあまり気にしませんが、

大まかに光のあたるところの形、影になるところの形は作ってゆきます。

ちょっとイラストっぽくなってきました。



SPONSORED LINK



色塗り ③色のはみ出しを整える。

oekaki9

線画から色がはみ出している部分を整えてゆきます。

こちらが色のはみ出しを整えきったところです。

あと、不自然だったところの色味も調整しています。

色塗り ④あとは細かく描いてゆく

oekaki15

画面全体の中で細かいところを描きます。

この絵で言うと、本の柄だったりですね。あとは、雲の影も調整しました。

他にも、机にうっすらと木目を入れています。

色味もバランスを見て調節していきます。

色塗り ⑤全体の色味を整える。

oekaki16

全体的に、黄色っぽい感じがしたので、

色調補正で赤みの強い方へ色を調整しました。

色調補正をすると、意外と好みの色が発見できるので、やってみる事をお勧めします。

完成

oekaki17

あとは、細部とか、ほんと細々したものにこだわって、完成になります!

まとめ

doubutu

以上、イラストメイキングでした。

レイヤーをあまり多く使わないと、

後から修正はしずらいですが、直感で描けてたのしいんです!

あと、めんどくさい作業がないので早いです。

僕はあまりレイヤー分けない事の方が多いです。

記事が気に入りましたらシェアお願い致します!



 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 11月 09日

Twitter



Twitterでも小さいお絵描き講座をやっています。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る