人のイラストの描き方のコツ〜簡単に基本的なポーズを描いてみる!〜

人斜め

今日は、人のイラストの描き方のコツを、

基本的なポーズを描きながら確認してみましょう!

非常に簡単なんだけれど、

それっぽく見えるので、

スカート履かせたり、髪の毛付けたり、

色々応用してみてください!

今回は形の正確さとか、細かさはあまり意識していません。

あくまでお手軽に、簡単に、早く描ける事を趣旨としています。

それではどうぞ!



SPONSORED LINK



人のイラストの描き方のコツ

これから示すイラストは、あまり細かさや、形の正確さ、バランスは

意識しなくて大丈夫です。速く!それっぽく!お手軽に!が目標の描き方です。

まずは突っ立ているイラストから!

人正面

こんな感じです!赤く描いている線は、

僕が最初に描くと描きやすいと感じているところです。

アルファベットのAを描く感じだったり、カタカナの”ハ”の字を

2つ描く感じに描くのがコツです。細かい筋肉の隆起は無視しても、

それっぽい人間の形は描ける描き方です。

人横

こちらは人を横から見たイラストです。同じく、

赤で示したところを最初に描くのがコツです。

人斜め

これは斜めですね。斜めは慣れるまで少し難しいかもしれません(汗

ただ、それでもこの描き方は簡単だと思います。

最初に赤で描いてあるところから描いてみてください。

青いラインで描いた補助線を描くとさらに描きやすいです。

俯瞰とアオリ

人煽り

こちらは人の俯瞰ですね。赤いラインを最初に描くと、

描きやすいです。アルファベットWを描く感じがコツです。

俯瞰のイラストは、こちらでもっと詳しく解説していますので、

参考にしてみてください。

人物の俯瞰が描けないよ!!誰でもできるお手軽な俯瞰の描き方の手順

 

俯瞰1

こちらは人のアオリですね。こちらは赤いラインを最初に描いて、

更に、青い斜線で示した底面を意識するのがコツです。

アオリのイラストも、より詳しく解説している記事があるので、参考にしてみてください。

アオリが描けん!!たった1つのアオリを描く簡単なコツ

 

走りと歩き

走り横

アニメのオープニングで定番、、、

こちらも赤い線のところから描くと描きやすいです。

特に、胸部から腰あたりを先に描くと、だいぶ描きやすいです。

慣れると簡単です。

走り正面

これは正面から見た絵です。

赤い線から最初に描いて、そして後ろに伸びている足には、

青の斜線で示したように影を付けると、奥にいっているように見えますよ。

あとは手前の腕を描くのもコツです。これも慣れると簡単です。

 

歩き横

これは歩きです!赤い線から描いてみましょう。

横は簡単に描けると思います。

歩き正面

これは正面から見た絵です。赤い線から描いて、

奥にいっている手と足は、青で引いている斜線の様に、

影を付けて、奥にいっているようにみせるといいです。

これは動きが細かいので、慣れるまではちょっと難しいかも。

 

まとめ

doubutu

確かに、人間って筋肉の隆起とかがあって、

かなり複雑なんですけど、

捉えようと思えば、かなり簡単に据える事ができます!

 

 

記事が気に入りましたらシェアお願い致します!



 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter



Twitterでも小さいお絵描き講座をやっています。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る