一緒に観察しよう!! 映り込み(鏡面反射)!!

今日は一緒に映り込み(鏡面反射)を観察してみたいと思います!

質感表現でかなり重要な部分ですよ!!

映り込み(鏡面反射)とは、鏡のようにものが映り込む性質のものを言います。

例えば、ガラスとか、車のボディー、それからスプーン、水面など、

言ってみれば、光沢があって、ツルツルしたものですね。

なんとなく感覚で共通点がつかめると思います!

では、実際に観てみましょう!!!

a1760_000010

 

水面は、鏡面反射の代表的な例ですね。

昔は水面を鏡の代わりに使っていたくらいですから。

こちらの写真では、雲が映り込んでいるのが見て取れます。

水のように、透明なものっていうのは、

実は鏡面反射を表現しないと絶対に見えないのですよ。

見えることすらしないのです!!

鏡面反射が絶対にあるんだ!!っていう目で見ると、結構簡単に水面を描けたりします。

a1180_008551

 

こちらの写真では、右側の、ススキや、左側の橋が映り込んでいるのが見えると思います。

そして、全体的に、空が映り込んでいるので、青みがかっています。

空の青より明度が低いのは、

おそらくこの池の手前に、大きい影がかかっているからですね。

左側の橋や、右のススキに大きい影がかかっているのが見て取れますので、

おそらくそれです。

a0960_002810

 

こちらの水溜りにも、よくわかりませんが、映り込んでますね。

a1760_000009

 

ちなみに、暗くたって映り込みます!!

この写真では雲が映り込んでいるのがわかると思います。

 

a1180_009313

 

ちなみに、海が青い理屈も同じです。

「あれ? この写真、空の青さと海の青さが違うよ???」

確かに!!!

しかし、理屈で語れないこともあるのですよ!!! まあ、こういうのは感覚です!!

それから、、、

a1750_000006

 

こういった金属ですね、

窓が映り込んでいるのが見えると思います。

この光の映り込みが、金属の光沢を表現しているのです!!!

この映り込みが、光沢を表現するうえで重要なポイントになります!

a1180_006634

 

 

a1600_000204

 

こういった、見えにくいものでも、

金属っぽい質感出てるな!!!

と思うものには、必ず映り込みはあるものです!!(重要!!!)

ちなみに上の写真の車には木が映り込んでいます。

おそらく手前にあるのでしょう!!!

下の写真には、窓ガラスに雲が映り込んでいますね。

 

他にも、映り込み方ですね、超ハッキリ映り込むのか、

あるいはボケて映り込むのかも観察してみると面白いですよ。

 

何かツルツルとした、光沢のあるものを表現する場合には、

この映り込みを観察し、そして表現してみてください!!

記事が気に入りましたらシェアお願い致します!



 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter



Twitterでも小さいお絵描き講座をやっています。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る