やる気がでない行動できない そんな時の僕なりの改善策

やりたいことがあるんだけど、行動できない、

もしかしてやる気がないのか??

と、思ってしまう時があります。

なんだか行動できない自分にイライラしたり、

「自分ってダメだな、、」と思ってしまったり。

今日は、そんな時の僕なりの対処法をお伝えしたいと思います。

すごく効果的なので、気が向いたらやってみてください。

やる気がでない行動できない時の改善策

目標を定めるんだ!!

と、、いうようなことではありません。

これってよく言われるけど僕はあまり良くない時もあるんじゃないか?

と思っています。

だって自分が立てた目標が正しいかどうかはわからないじゃないですか。

目標の立て方にも経験がいると思うんです。

下手な目標立てちゃうと逆にやる気削ぐこともあると思いますし。

じゃあ、僕が実践している行動できる改善策は何か??

と、いうと、無理をしないように細かくすること、です。

え、、、なんだそれは、、、と、思うかもしれません。

詳しく説明していきます。

例えば長編小説を書きたいとします、

しかし、本を書くということに、おもい腰が上がりません。

ならば、もっと細かくするのです。

長編は大変そうだから短編にしよう。

でも短編でも大変そうだ。

じゃあとりあえず、今日は10ページ書いてみよう。

10ページでも大変そうだ、じゃあ5ページ書いてみよう

う〜ん、5ページでも難しい。

じゃあ1ページ書いてみよう。

1ページでもダメだ、、、じゃあ頭の中で何を書くか決めよう。

う〜ん、なんか思いつかない。

そうだ、今日はとりあえずノートと鉛筆を買ってこよう。

 

と、いうように自分がえ、、、これだけ??

っと思うくらい物足りない(無理をしない)ぐらいに細かくしていく

ということをやるのです。

上記の例だと、今日やることはノートと鉛筆を買ってくる

ということです、

小説は書いていませんが、それでも何もしないよりは前進しています。

それでいいのです。

鉛筆とノートを買ってきた次の日には、ノートを開く、

その次の日にはタイトルを書く、、、など、すごく物足りないくらいの

スピードで進んでいくのです。自分が無理のない進具合。それでいいのです。

だって何もしないより進んでいるのですから。

そうするとなぜか、次第に行動したくなり、行動するスピードも早くなっていきます。

これは嫌でもそうなります。

なんでも人は行動することで行動力が出てくるらしいのですが、

最初の一歩が一番エネルギーを使うらしいのです。

だからその一歩を分割してエネルギーを小さくして、行動に移しやすくしてあげている

というわけです。

 

この方法、おすすめなのでおためしあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください