草のハイライトの色

てんぱだ。

草のハイライトの色ってどうしてますか?

僕の場合は黄色に寄せると、なんだかうまくい気がする。

図1

すごい雑で申し訳ないんだけど、これ草の絵です。

図1はそのまま緑の色でハイライトを入れた例。

赤丸の色相のところ見ると、緑のところにいるでしょ。

で、青丸のところ見るとわかるんだけど、

緑でハイライト入れようとすると、色が白に寄って彩度が下がっちゃうんだ。

図2

だから僕は図2のように、ハイライトを黄色っぽい色で入れるのが好きなんだ。

図1の方より鮮やかでしょ?

図2の赤丸は図1の赤丸より色相が黄色に寄ってるでしょ?

で、青丸の部分も彩度が最高に設定できているんだ。

黄色は元々明度が高い色だから、

白混ぜなくても高彩度のままハイライトを表現できる場合が多いんだと思う。

あとは太陽の暖かい色も連想させるから、

晴れの時の草にはもってこいだと思う。

 

反対に曇りの日の草を描くには、

図1の方がいいと思う。

曇りの日は全体的に彩度が低いからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください