シティ・オブ・ゴッド感想レビュー てんぱのおすすめ映画

てんぱである。

今日はおすすめの映画を紹介したいと思う。

今までに結構な数の映画を見てきたので、

その中で特に面白かったと思うものを紹介していきますよ。

今日はシティ・オブ・ゴッドというブラジルの映画です。

シティ・オブ・ゴッド感想レビュー

この映画は今までの人生の中で、多分TOP10に入るほど面白かった映画。

印象にも強く残っています。

どういう映画かというと、

ブラジルのスラム地域のストリートチルドレンやギャングたちが、

銃を持って抗争を繰り広げていく感じの映画。

実話を元にしているので、実際にあった話らしいんだ。

もうね、子供が銃を持ってバンバン打ってるんですよ。

これ本当にある話なんですよ。

 

主人公かどうかはわからないんだけど、リトル・ゼっていうギャングの

子供の頃から成人するまで時系列は流れます。

このリトル ・ゼってキャラクターが妙に魅力的なんだ。

人を殺しまくってるんだけど、なんかかっこよく見えるんだよね。

なんだろう、

なんでも自分の思い通りにわがままを通すって言えばいいのだろうか?

男ってそういうのに憧れるとこあるじゃない?

とにかくかっこいい。

 

バットマンの映画でジョーカーって出てくるでしょ?

あれをかっこいいと思う人って結構多いと思うんだけど、

あんな感じだ。

 

だからダークナイトが好きな人はシティ・オブ・ゴッドも

好きだと思う(完全な独断と偏見

 

あるいはゴジラもそうだ。

社会を破壊するヒーローとでも言ったらいいのだろうか。

 

社会を破壊するヒーロー、

悪いんだけどかっこいい。

 

リトル・ゼはなんかそんな感じの奴です。

 

特に子供の頃、親や学校の先生の言いなりになりがちだった人とか、

現在進行形でそういう状況の人とかは、

子供の頃のリトル・ゼかっこいいなぁと思っちゃうかもしれません。

 

確かに大人の方が体はでかいし、力もあるんだけど、

リトル・ゼはそんなの御構い無しです。

大人相手でもやりたい放題やります。

そこがかっこいいのさ。

詳しくは映画をみてみてください。

 

それからギャングと警察ってこう繋がってたりもするのか、、、

と、いう部分が描かれていたり、

こういう事情で人はギャングになっちゃうのか、、

っていう部分も描かれていたりします。

このギャングになっちゃう理由ってのはなんだかわかる気がしました。

 

もうね、これ実話が元になってるから実際にある話なんですよ。

だから衝撃的。

 

そしてラストがまたいい終わり方と言ってはなんですが、

なるほどな〜という終わり方をするんですよ。

実際にみてない人はみてみてください。

 

あと、映像もものすごく綺麗です。

なんかこうブラジルの暑さを感じる。

そんな映像です。

 

日本の裏側の国では大変な地域があるもんだ、

と、思うような作品です。

是非ご覧になってみてください。いい映画です。

 

多分、ツタヤとかゲオでもレンタルされていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください