球体の描き方(影のつけ方) イラスト初心者の為のお絵描き講座

てんぱです。

今日は、球体の描き方、

主に影のつけ方を紹介したいとおもう。

是非参考にしてみてくれ!

球体の描き方(影のつけ方)

手順1

まずは、背景を描く!

真っ黒だ!

今回は白い球体を描くので、黒い背景にしたぞ!

手順2

形を描こう!

こんな感じだ。

自分が使っているソフトの円を描く機能を使えばOKだ!

とりあえず、真っ白い球体の形を描いたぞ!

 

手順3

後でハイライトを入れるので、

先にグレーで色を塗っておいたぞ!

白にハイライト入れても見えないからね。

 

手順4

影をつけよう!

左上から光が入っていると仮定して、影をつけたぞ!

右の方の図は、だいたいこんな形で影を入れたぞ!というのをラインで示している。

青いラインの形状で影を入れている。

ようは、球体の形状に沿うように影を入れるのだ!

 

手順5

ハイライトを入れよう!

白い色でハイライトを入れたぞ!

右側の図の黄色いラインで示している形状でハイライトを描いたぞ。

ハイライトの形も、球体に沿った丸い形で描くぞ!

 

手順6

最後に反射光を入れるぞ!

反射光っていうのは、床とかに、光が反射して当たっている光だ。

この光を入れると、ぐっといい感じになる。

今回は、床に反射した光を仮定してみたぞ。

右図の青いラインで囲ったあたりに反射光を入れているぞ。

今回はこれでひとまず完成だ!

ちなみに、

反射光は、反射するものの色に影響されるぞ!

上図のように、反射する素材が青なら青っぽい反射光が、

赤なら赤っぽい反射光が入るぞ!

 

反射光は日中などの日差しが強い時に観察しやすいので、

是非観察してみてくれ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください