ノートダムの鐘 感想レビュー てんぱのおすすめ映画

てんぱだ。

今日もおすすめ映画を紹介するぞ!

今日はディズニー映画、

「ノートルダムの鐘」だ!

ノートダムの鐘 感想レビュー

もともとディズニー映画って好きなんだけど、

中でもこの「ノートルダムの鐘」は、一番と言っても

過言ではないくらいに好き!

 

どういう話かというと、

ノートルダム大聖堂に住む、醜い鐘つき男カジモドが、

エスメラルダっていうジプシーの踊り子に恋心を抱いたり、

エスメラルダを殺そうとする奴らからエスメラルダを守るためにどんちゃん騒ぎする、

そんな物語ですのよ。

 

って、かなり適当なあらすじを紹介しちゃいましたが、

だいたいそんな感じです。

 

で、一番のポイントが、

ディズニー映画って、何かっていうと、

奇跡が起こるじゃん?

不自然なくらい奇跡が起こるじゃん?

 

涙でなぜか生き返ったり!

不細工な男なのに美女と結婚!

とか、

ニートの盗賊が一国の王子に!!

とか、

真実の愛で(←なんだよそれ)呪いが解けたり。

車が喋ったり(まあこれはいいか)

魚が人間になったりね。

 

 

でも、このノートルダムの鐘はそんなこと起こりません。

現実を叩きつけやがります。

カジモドはかなり不遇です。

かわいそうです。他の映画に出ればよかったのにね。

なのでディズニー映画としてはちょっと異色な感じするんですよね。

 

なんてったって最初のシーンでいきなりちょっと

残酷な描写がありますからね。

エーーー、

ディズニーさんそんなことするんだ!?

って感じ。

 

なので、

「なんかディズニー映画って奇跡とか起こるから苦手、、」

って人でも楽しめると思いますよ。

 

ディズニーって作画がとにかく毎回すごいんだけど。

ノートルダムの鐘ももちろんすごい。

それに加えて脚本がすごいのですよ。

子供ももちろん、大人もかなり楽しめます。

 

この映画の一番の見所がオープニング。

映画のオープングで、一瞬で見ている人を惹きつける

映像と音楽に、加えてストーリーの説明になっていて、

最高の始まり方だと思いました。

 

ディズニーの中では間違いなく、最高傑作の1つだと、

僕は思うのです。

 

しかし、

このノートルダムの鐘

こんなにも素晴らしい映画なのに、

商業的には売り上げはあまり芳しくなかったらしい、、、。

 

なので結構見ている人少なかったりするんですよね。

それがちょっと残念。

こんなに面白いのにいいい!!

って思います。

 

ていうか知らない人すらいる。

 

ディズニーランドですらあまり見ません。

まあ、あまりディズニーランドには合わなそうではありますがね。

 

とにかに、

かなりおすすめなので一回見てみることをおすすめします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください