絵の上達に必要不可欠な段階

絵の上達に必要不可欠な段階っていうのがあります。

それが、

「これが描けない、、、。」とか、

「自分はここが下手だな、、、。」とか、

「ここをもっと上手く描きたい、、、。」

と思う段階です。

そして、そう思った後が非常に重要で、

ここで、こう思って、

「ああ、自分はダメだ、、、、。」

「ああ、こいつは描けているのになんで、、、。」

とか、いわゆる”へこむ”

状態になると、前に進まなくなります。

へこむ気持ちは大いにわかりますが(自分もそうだったよ!)

別に描けないことは悪いことじゃない。

そして、考えてみてください。

「これが描けない、、、。」とか、

「自分はここが下手だな、、、。」とか、

「ここをもっと上手く描きたい、、、。」

とか思ったってことは、次に進むべき方向が決まってるってことなので、

こう思ったら実はもう上達するのは目に見えてるんですよ。

というより、こう思わないと上達しません。

そして、こう思ったら必ず上達します。やることさえやれば。

ここでいうやることっていうのは別に難しいことではありません。

それは、実際のものや他人の絵と見比べて違いを見つけることです。

何処が違うか分ければ、

「ああ、ここが違うのか、じゃあ今度からこう描こう。」

ってなります。 別に難しいことではありません。誰でもできます。

ただ一つ注意することは、

一つずつ改善してゆきましょうね。

いっぺんにやると頭パンクしちゃいます。

「描けない、、、。」って思ったら

成長する兆しでしかありません。

喜びましょう。

記事が気に入りましたらシェアお願い致します!



 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter



Twitterでも小さいお絵描き講座をやっています。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る