Unity – スマホの実機テストでフレームレートが落ちる時の対策!

Unityでゲームを作り、いざ実機テストをするぞ!
と意気込んで、実機テストをしたら、

あれ、、フレームレートが落ちてる、、

となりました、

で、対策としては、フレームレートを固定するといいみたいです。
(デフォルトではデバイスによて違うみたい。)

まずは設定です。
file→BuildSettings→PlayerSettings→Quality
の中のVSyncCountをDon’tSyncに設定

あとは一番初めに読み込むシーンにアタッチしてあるスクリプトに、

void Awake()
{
Application.targetFrameRate = 60; //60fps
}

というように書けば、フレームレートが固定されます。
60という数字の部分がフレームレートです。
つまり、上記だと60fpsになります。

30fpsにしたい場合は60を30に変更すれば30fpsになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください