描かないでも上手くなる方法

a1370_000324

 

実は、

「なんか下手だな、、。」

「どこかおかしい、、、。」

「変な感じがする、、、。」

といった絵を鑑賞しているときは、描かないでも、

観る目と画力を養うことができるのです。

こういった絵を観たときに、「下手だな、、。」

と言うことは誰にでもできます。

下手と感じたら、それを口に出せばいいからです。

しかし、僕ら絵を描く側の人間は、もう少し考えて、

自分の成長の役に立ててみましょう。

つまり、

「なんでこの絵は下手なのか?」ということを考え、

自分ならここをこうして、こう描く、そしたらもっとこの絵は良くなる。

という具体的なところまで考えてみるのです。

こうすることで、自分にも観る目と、それから自分がそういった状況に陥った

際に、すぐに解決できる画力が観につきます。

これは観察眼と思考の力をつけるものなので、特に描く必要はないのですよ。

何か自分が下手だと思う絵に出会ったのなら、

「こいつの絵は下手だな、、。」

と、思うだけでなく、

なぜ下手にみえるか? どうしたらよくなるか?

を、考える癖をつけましょう。

こう考えることで、どんな絵を観てもレベルアップできる思考を持つことができます。

_______________________________________________________

メルマガやってます!!

こんな感じのお絵かき講座をやるメルマガです

登録はこちらからどうぞ→メルマガ登録フォーム

記事が気に入りましたらシェアお願い致します!



 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter



Twitterでも小さいお絵描き講座をやっています。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る